罠の設置の注意点

罠の設置の注意点

罠を設置するときの注意点を説明します。

罠を設置するときは、罠を水平または、バネ側(丸くなっている方)を少し下にして設置しいてください。

理由を説明します。

動画はイメージです。

だらず罠は、罠を作動させる仕組み上バネは上に開きます。

水平に取り付けた場合

バネ側を少し下にした場合

水平・バネ側を下にした場合はスムーズに開きます。

バネ側を上にして設置すると

このように、跳ね上がる途中で獲物に当たり、きれいに開かなくなり、ワイヤーの締まりが悪く、捕獲率が下がる原因となります。
また、バネが開くまでに、障害物があると、きれいに開かなくなり、これも捕獲率が下がる原因となります。
踏み棒は自由に形を変えられるので、設置場所に合わせて、形を変えてください。

まとめると

  1. 罠は水平またはバネ側を下げて設置する

  2. バネが開く回りに、障害物のないところに設置する

  3. 設置場所に合わせて、踏み棒を調整する

山の中は、平らで広いところは少ないですが、捕獲率をあげる為に、場所選びは慎重にしましょう。

動画を一本にまとめています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。