罠の最終仕上げ

罠の最終仕上げ

半製品で保存してある、罠の最終仕上げについて説明します。

罠は本体と部品を溶接は、地元の方に委託しています。
それを、形を整え、踏み板を形成し、作動ピンの調整をし、ちゃんと作動するか確認して、製品となります。

バネ本体

作動ピンと作動ピン止めの間隔を既定の位置に来るように本体を調整為ます。

踏み棒

半製品では、踏み棒はまっすぐなままなので、それを正規の形にしていきます。

作動ピン

しっかり踏み込んだ時に、作動するように加工します。

最終確認

作動ピンがちゃんと作動するか、他の場所に不具合がないか確認します。

一蓮の流れの動画はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。