作動ピンについて

作動ピンについて

 作動ピンですが、加工せずにそのまま使用して下さい。
 当社は、穴の蓋をしっかりと作り、獲物がしっかりと踏み込んだ時に作動する事により、捕獲率が上がると考えています。

 作動ピンの先を切り、早く作動すれば、捕獲利率が上がると思い、先を切る方がいます。
 その場合、多くの方が元の作動ピンに戻して欲しいと、修理の依頼をしてきました。

 猪は人間よりも、敏感なため、人間にはちょっとの事でも、危険を察知し、足を抜く為だと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。